溝手孝司

札幌在住。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリエイト

記事一覧(888)

ホークス一軍二軍の入れ替わりを予想する

楽天イーグルスとの6連戦は2勝4敗。勝利はいずれも谷間の「笠谷-坂東」コンビ。2人はよく頑張った。だからこそほかの先発、それからチャンスに点を獲れなかった打線のふがいなさに目がいった6連戦ではあったが、コロナ騒ぎがあっての外出できないロードの6連戦。まぁ、仕方ない部分はあったよね。2勝できて御の字。首位のまま、ホームに戻れます。今週はコロナショックもあり一軍二軍の入れ替えはなかったが、来週はホームなので、入れ替えも予想される。【投手】大竹さすがに週二日「笠谷-坂東」はイレギュラー。二軍で7試合登板し防御率2点台。そろそろ一軍での先発チャンスを期待。入れ替えは、昨日上がったばかりだけど、奥村になるのか。一回椎野を下げるのか?あと思い切ってスチュワートの昇格も面白いと思う。【野手】内川、グラシアルグラシアルに関しては二軍で1.2試合実践を積みたいのだろうが金曜まで試合がない。報道を見た限りでは、まだ調整中のデスパイネに対してグラシアルはシートバッティングでもガンガン打っているとのこと。いきなり使ってもいいんじゃないかな。それから二軍で4割打っている内川も。二人とも即戦力になるかはわからないが、調子の出ないバレンティン、松田への起爆剤にもなるでしょう。で、誰を下げるか。ここが難しいところ。川島、西田、川瀬、九鬼ここらあたりでしょう。川島の体調が…みたいなことが出てたし、捕手が栗原を野手でフル出場させているのだから2枚でOKとなれば、九鬼かな。当面グラシアルと内川はDH&代打要員からでしょうね。最悪の状態だった仙台6連戦も何とか終え、ホームで再び首位固めといきましょう。

イーグルスファンとホークスファンの心の中を妄想する

楽天とソフトバンクの6連戦。第1戦 ホークスファンの心の中今日は千賀か。エースだけど今年の千賀は頼りないんだよなぁ。おっ!いきなり3点先制いいじゃない!あらすぐ点取られた。相変わらず千賀球数多いな。6回何とか投げて6-3か。3点リードも中継ぎ心配なんだよなー。あぁ、高橋礼が、モイネロが打たれた。6-7負け。千賀や中継ぎにも不満あるけど、打てるところでもう1点2点取っておけばよかったのに。あーあ。第1戦イーグルスファンの心の中ホークスは千賀。嫌だなぁ。わぁ、いきなり3点取られた。弓削ぃ・・・。あら千賀そんなに良くないな。よし2点差だ、あっ、また3点差、よし2点差、また3点差・・・もぅ。3点負けてて7回から勝利の方程式。こりゃ今日は負けるな。あれ、高橋礼調子悪い、モイネロも。チャンスに浅村。もしかして・・・やった逆転ホームラン。エースと勝利の方程式から7点取って勝っちゃった!第3戦イーグルスファンの心の中今日は松井か。先発で2回失敗して久々の一軍不安だなぁ。よし初回はいいぞ。ギータを三振。気分いい!こういう時は打線がガンガン打て!よし初回から先制点、いいぞ!あらチャンスだったのに1点だけか。2回は一死満塁。チャンス!!!わ。併殺で0点。嫌だなぁでもこの先発なら追加点とれるぞ、あれ3回からピッチャー代わった。あれ追加点とれない。あらら松井はバッター抑えてるのに内野安打やポテンヒットが続く。逆転されたぁ。気づいたら打てないぞ。高橋礼とモイネロ登場。2日前再び!!!ってそんなに甘くないか。あぁあ、負けちゃった。第3戦ホークスファンの心の中木曜日って5週連続負けてるんだよなぁ。イーグルスは松井か。初回バレンティン、柳田連続三振。今日も嫌な予感が。わ、笠谷暴投。もう1点取られた。なおもピンチ、ダメだぁ…あぁ、なんとか抑えた。2回も満塁。わぁ…併殺よかったぁ。でも松井打てる気しないなぁ。松田ボッテボテ・・・内野安打。栗原ボッテボテ・・・内野安打。あれ、完全抑えられてるのに、これっていい展開じゃないの?明石詰まった・・・詰まったらセンター前に落ちた。逆転だ!中継ぎ心配・・・6回は細かい投手リレー…最後まで持つのか…もったよ。よかった連敗ストップ。勝手にファンの心の中を妄想して書きました(笑)。

ソフトバンク三本の矢でオリックスを撃破

日本人なら多分誰でも知っているであろう、毛利元就の三本の矢の話。1990年代の西武ライオンズの中継ぎ「杉山・鹿取・潮崎」がサンフレッチェと呼ばれたように、中継ぎの勝利の方程式は3本の矢で挑むケースが多い。先発が6回まで投げ、7回からは3本の矢。これで土日をオリックスに勝利したのが福岡ソフトバンクホークスだった。いずれも完璧ではない。1点差に詰め寄られるも逃げ切った。18日2-0とリード7回高橋礼  1失点8回モイネロ 無失点9回森    無失点2-1で勝利19日3-0とリード7回高橋礼  無失点8回モイネロ 2失点9回森    無失点3-2で勝利いずれも矢が1本崩れてしまったが、ほかの2本が無失点で勝利の方程式が完成した。もちろん誰も崩れずに勝てるのがベストではあるが、100%上手くいくとは限らない。その中で、悪いなりに最少失点に抑え勝てたのだから、今週の継投は成功!前半の4連戦で、主力中継ぎをほぼ使わず、若手を多く起用できたのも、プラスに作用しただろう。そして、今日の試合で言うとMVPは8回裏ギータのスーパープレー。1点を取られ、なお一死満塁からセンターへの犠牲フライ。タッチアップからホームを狙う三塁ランナーではなく、サード松田へノーバン送球。セカンドランナーのタッチアップを封じ、1点差に詰め寄られるも二死一塁。もしホームに投げていれば、1点差でなお一死一、三塁だったわけだからあのプレーは大きかった。楽天に4勝2敗オリックスに5勝1敗。ついに首位楽天とのゲーム差は1.0!来週は福岡に戻り、日本ハムとの6連戦!

理想的な投手リレーの負け試合と勝ち試合

ちょっと記憶があいまいなのだが、たしか3年くらい前。オリックス相手に前半リードを許しながらじわりじわり追い上げて9回に同点に追いついた。だけどホークスは中盤から勝ちパターンの投手を使っていて9回以降も前日登板した中継ぎが連投。結局12回裏にサファテが打たれてサヨナラ負け。こんなことなら追いつかない方がよかったなぁというくたびれた負けをしてそのあとでサファテが「中継ぎは疲れてる」発言をしたんじゃないかなと記憶する。16日の試合は3-4の惜敗。「打線がもっと頑張ればー」と悔やまれる試合だったが、この試合の投手リレーが興味深い。バンデンハークが背中の張りもあり3回途中で降板。急遽登板の坂東が後続を抑える。で、この時点でまだ3点差。5回には2点差に迫ったわけだから、この試合を勝たなきゃ!となれば早い回の投手リレーも求められるが坂東が続投。さらには川原ー泉といわゆる勝利の方程式の投手を使うことなく終了。9回に追い上げたものも1点届かずで敗退。仮に9回に追いついていたとしたら、今季は延長最大が10回なのでモイネロ、嘉弥真、森から2枚が登板と余裕のある継投ができたわけだ(高橋礼は前日登板)。そして2日連続のハプニングでの先発が早い回で降板となった17日。3回降板の東浜の後は笠谷ー椎野ー川原ー津森最後に調整登板で森。打線が多く点を取ったおかげもあり無理のない投手リレーで勝利した。今季は6連戦だが、3試合ずつと考え「2勝1敗でいい」と考えているホークス。だから3連戦2連勝で迎えた16日は、負けても仕方ない試合。そして3連戦初戦となる17日は、早い投手リレーで勝ちに出た試合。3連戦の先手必勝に成功ですな。オリックスとのここまでの4連戦では高橋礼と森が1試合登板。嘉弥真とモイネロは1試合も登板していない。じっくり休めた勝利の方程式布陣。残り2試合。彼らの好投で勝ちゲームを演出してほしい。で、順位あまり気にしてなかったのですが2ゲーム差の2位なんですね。おぉ。

あと6週間CSが続くと思って戦えば、ソフトバンクホークスは優勝できるぞ

開幕前にホークスはここ数年短期決戦が強いので6連戦をCS感覚で戦えれば優勝できる!!!と書いたのだが前半モタモタ状態。その悪い流れも有観客でようやくいい方向に向き、楽天に3連勝。勝率を5割に戻した。同一カード6連戦は8/23まであと6カード続く。8/25からは例年通りの3連背に戻るが8/23までで56試合を消化。今季120試合のうちおよそ半分が終わっている。つまり6連戦でモタモタしていたら、後半取り返しがつかなくなる。逆に言えば、例年と違う6連戦をしっかり戦えば、優勝への道が見えてくるわけだ。ここ数年ずっとCS、日本シリーズで勝っているソフトバンクホークス。短期決戦で勝つためには・絶対勝てる先発投手を2枚は計算できる・ラッキーボーイを作る・相手の主砲を逆ラッキーボーイにする特に勝てる先発。ホークスで言うと、火曜に千賀、金曜に東浜。この2人の登板する試合が確実に勝てれば星勘定がしやすくなる。6連戦をCSと見越した場合、4勝で勝ちである。逆に言えば2つ負けを計算できる。工藤監督は2勝1敗ペースでいいと語っているし、実際2勝1敗ペースでいけば優勝争いに残れる。そう考えると先週の楽天6連戦。1戦 エース千賀で勝利2戦3戦 敗れるも勝ちパターンの投手を温存4戦 もう一人のエース東浜と勝利の方程式が好投。ギータのサヨナラホームランで勝利5戦6戦 投手陣好調、打線も確実に加点し勝利4勝2敗第2戦の時も書いたが、あの試合は前半で大差がついた時点で負けを覚悟。そして今後のことを見越した選手起用をしたことが正解だった。点差が詰まって目先の一勝にこだわりモイネロや高橋礼を投入し結局1-2点差で負ける。なぁんてことになったら、後半への響いただろう。6つのうち4つ勝つ。そのためには負ける試合もある。その当たり前を計算にいれながら毎週CSを勝つ戦いをすれば、当然優勝は見えてくる。