ソフトバンク二軍2018シーズンを見る(2)打撃成績

ウエスタン2位の2018年福岡ソフトバンクホークス。

昨日に続いて個人成績チェック。

今日は打者編です。


【打率】※100打席以上

長谷川 .354

高田  .299

江川  .295

川瀬  .294

西田  .293

本多  .291

塚田  .285


【安打数】

川瀬  84

釜元  80

塚田  71


【本塁打】

真砂  9

釜元  8

江川  8

グラシアル7

コラス 7

塚田  7


【打点】

釜元  42

江川  36

塚田  34


【盗塁】

周東  27

釜元  16

牧原  14


打率は100打席以上で掲載したが

グラシアルが86打席で.431

曽根が70打席で.316でした。


規定打席到達は釜元と川瀬の二人。


こうやってみると、長谷川のいう「若手に負けない」発言もわかる気がする。


江川、塚田が完全二軍番長的ポジションだが、

ここに真砂と釜元が仲間入りしそうで怖い。


牧原のようにワンチャンスで突き抜けることができるか。

「今年が最後のつもり」発言の真砂の本気、そして釜元の奮起に期待したい。





毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000