1500安打まであと1本!ソフトバンク松田宣浩

2015年153安打

2016年142安打

2017年140安打

昨年開幕時点で1371安打

あと129安打での1500安打も達成間違いなしと思われた

2018年の松田宣浩。

ところが昨季は規定打席に到達してから打率はワーストの.248

安打数も128と振るわず、通算安打数も1499。

目前で1500安打に到達することができなかった。


だがホームランは自己2番目に多い32本。

レア―ド、中村らが例年より活躍が下回ったため

初のベストナインを獲得。

ゴールデングラブ賞も獲得と、全く活躍していないわけでは無いが

全盛期を見てるファンから見るとちぐはぐな一年だった。


例年と比べ

目のパチパチと

歌舞伎のように片足でトントンと動く

プレーなあまり見れなかったと思う。

そのへんが打撃不調とリンクしているかは不明だが

今年で36歳。

年齢的な不安も含め、今年が勝負の年になるでしょう。

年間130本ずつ打てばあと4年で2000本安打。

松中、川崎が2000本に到達する前にユニホームを脱いでしまった中、

生え抜き2000本安打達成までがんばって欲しいな。


そうか考えてみれば小久保は途中巨人に移籍したし、

福岡30年のホークスで生え抜きから2000本安打に達成した選手はいないのですね。


松田が最初の道を作れるのか。

背番号をあえて5番に戻した今年、真価が問われる。



毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000