井口と和田と和田と井口

1999年の初優勝は、福岡ドームの外野席で見た。

相手は日本ハムファイターズ。

先制するもリードされ苦しい展開の中、

小久保のホームランで同点に追いつき

そして8回裏に井口のホームラン。

5-4で勝利し、ダイエーホークスが優勝した。

2005年北海道日本ハムファイターズの初優勝の時も

外野席で見てしまった。

場所は札幌ドーム。

相手は福岡ソフトバンクホークス。

先発投手の和田が、1点リードの4回。

田中賢に同点アーチ、

そしてセギノールに逆転アーチを打たれる。

結局1-4で敗れ

ヒルマン監督の

「シンジラレナーイ」

が札幌ドーム内に響き渡った。

井口と和田。

ホークスのひと世代を築き、そして海外にも挑戦した2人。

2003年の日本一の年は、

和田が新人王、井口が盗塁王

この年がホークス最強って言う人も多い。

8月27日の福岡ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズ

和田の復帰登板が、井口の福岡ラスト試合。

井口の福岡での最後のヒットと

和田が井口から1500奪三振を取った。

これを見れただけでもヤフオクの観客は幸せだったことだろう。


ソフトバンク日程 

8月29日(火)~30日(水)vs北海道日本ハムファイターズ(旭川スタルヒン) 

8月31日(木)      vs北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム) 

9月1日(金)~3日(日) vs東北楽天イーグルス(ヤフオクドーム)

毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000