CSに繋がる、最高のヤフオク最終戦

優勝決定後

中継ぎ陣不調

打線湿りがち

柳田ケガ

と、不安続きのソフトバンクであるは

ヤフオクドーム今季シーズン最終戦で

これらを払しょくできたかな???


10月6日

○福岡ソフトバンクホークス4-3大阪オリックスバファローズ●


千賀が3失点。

打線もオリックス吉田の前に4回までノーヒット。

その悪い流れを徐々に徐々にソフトバンク側に戻していく。

5回中村ホームラン

2番手和田が2回をパーフェクトピッチング

7回中村の犠飛で1点差

そして9回二死から上林のタイムリーで同点。

敗戦投手濃厚の千賀が、この一打で「負け」がなくなり

最高勝率のタイトルをほぼ確定。

和田に続き森、笠谷、寺原、嘉弥真と5人で6イニングを完封リレーの先に待ってたのが

シーズンのほとんどをファームでプレーしていた吉村の代打サヨナラホームラン。

優勝後、これでCS大丈夫か???の不安が全部吹っ飛ぶような

そんな会心の逆転勝利。

この1勝で一気にチームのムードもよくなるのではないでしょうか。

残念だったのは今季初スタメンの城所。

3-0で三振1つ。

明日の最終戦でもう一度チャンスがもらえるのか?

それとも明日は長谷川が起用されるのか?

CS戦力ボーダーラインの選手にとっては、

消化試合も大事なアピールの場である。

毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000