ソフトバンクコーチ陣、次々流出

チームの成績不振の責任をもって

監督やコーチが退陣するってのは、よくあること。

しかしチームが日本一になったのに、

その主要コーチが次々に退陣。

しかも次の就職先が決まった前提の退陣というのは珍しい。


まず投手コーチの佐藤義則。

来年から東北楽天イーグルスの投手コーチとなる様子。

「3年間で2度も日本一になれた。それなりに仕事ができた」

と語りながら

「ソフトバンクを倒せるようなチームを作りたい」

とのこと。

投手コーチといえば、

2015年の日本一の時も、吉井コーチが退団。

佐藤コーチとの確執かと報道されたが

今度は佐藤コーチ。

投手出身の年下監督との・・・か?


それからバッテリーコーチの清水将海、

内野守備走塁コーチの鳥越裕介。

この2人は井口新体制の千葉ロッテマリーンズのコーチ主任が決定的となった。

元ホークスの井口が監督ということで

何名かの動きはあるだろうなと思っていたが

ソフトバンクコーチ歴11年の鳥越が去ることになるとは。


今年のソフトバンクは、守りで制したと言っても過言ではない。

12球団一の防御率

12球団一の失点の少なさ

そして

12球団一のエラーの少ないチーム。

その3つの主要である

投手コーチ

バッテリーコーチ

守備コーチ

この3コーチの退団は、来期以降のチームにどう影響が出るのか?

そして3コーチに代わる新首脳陣は?

斉藤和巳

城島健司

柴原洋

この3人が新入閣すると、スゲーな・・・と完全妄想(笑)。





毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000