上林と甲斐の侍ジャパン アジアプロ野球チャンピオンシップ

WBCは終わった、

プレミア12はまだ先。

東京五輪ってムードでもない。

だけど日本代表やっとく???

みたいな雰囲気満々の

アジアプロ野球チャンピオンシップが

11月16日から東京ドームで開催されます。

出場選手が24歳以下またはプロ3年以内に+3名のオーバーエイジ枠

というヒジョーに面倒な定義もそうだが、

このアジアプロ野球チャンピオンシップの位置づけ。

日本、韓国、台湾の参加国が出場。

3チームでリーグ戦を行い上位2チームの決勝戦。

ん?地味じゃね?

毎回この手のアジア大会なら中国が参加していたのだが

さすがのレベル差に今回は呼ばなかったのか断ったのか?

しかし3チームでリーグ戦して2球団で決勝戦って変な定義。


というところは、いろんな事情があるのだから仕方ないとして

日本シリーズが終わって間もないのに

ソフトバンクから代表に選出された上林と甲斐がすでに練習をスタートしたとのこと。

最近私のブログで圧倒的に閲覧が多いのが

上林の涙に物申すの回。

悔しくて泣く分には構わないし、

プロなんだから悔しくて当然だが、

喜びの輪の中で一人泣いていた上林に納得いかなかったが

日本シリーズでも活躍の場が与えられず、悔しかっただろう。

ブレイクしかけた選手があるタイミングであっという間に失速する。

そんな選手を何人も見てきている。

それとは逆にあるタイミングでとんでもなく成長することもある。

スタメン予想を見ていると

上林がクリーンアップでの出場もあるかも。

国際大会でポストシーズンの悔しさをの分までアピールして欲しい。

そして甲斐。

今年大ブレイクしたとはいえ、

栗原、斐紹、九鬼と次のブレイクを待つ捕手が目白押しのソフトバンク。

ベテランや外国人投手では高谷が優先され

まだ正捕手を奪ったわけではないが、

年下相手の侍投手陣をどこまで盛り立てることができるか。

甲斐のリードに注目したい。

アジアプロ野球チャンピオンシップは11月16日から。

決勝は11月19日です。



毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000