ゴールデングラブ賞、甲斐の当選と中村の落選

守備のベストナイン

三井ゴールデングラブ賞が先日発表されました。

福岡ソフトバンクホークスからは

この賞の常連となった

サード松田(5年連続6回目)

ショート今宮(5年連続5回目)

外野 柳田(2年ぶり3回目)

この3人のほかに

キャッチ―甲斐が初受賞。

試合数の少なさがどうかなと思っていましたが

嶋(楽天)の40票、田村(ロッテ)の49票を大きく引き離し

121票で堂々の受賞となりました。

ゴールデングラブ賞はベストナインのように

数字がはっきり見えるわけでなく印象度に頼る部分が多いが

優勝捕手、そしてあの強肩ぶりは高いインパクトを残したのでしょう。

去年の今頃、甲斐が2017年にタイトルを獲るなんて

誰も思っちゃいませんでしたよね。

甲斐選手、おめでとーーーー!!!


そして残念だったのが中村晃。

以前のブログで中村晃にゴールデングラブ賞を!

と書いたのだが得票数52票で第5位

4位が上林(61票)で3位の西川(日本ハム 130票)に大きく届かなかった。

柳田を悪くは言わないが今年だけで見ると

チームの外野手守備力ナンバーワンは中村だと思うけどな。

上林も捕殺数はリーグナンバーワン。

そう考えると、ソフトバンクの外野手はスゲーな。

来年は外野手独占と行きましょか。

毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000