山田大樹 ヤクルトの星になれ

二軍番長、二軍の帝王なる言葉がある。

二軍ではガンガン打つ、ビシバシ投げるのに

なぜか上(一軍)に上がると活躍できない。

そして二軍に落ちるとまた活躍する。

元広島の斉藤浩之や

元巨人の大森、福王

ホークスでも江川がウエスタン100本以上ホームラン打ってるよなぁ。

投手の二軍番長といえば山田大樹。

2016年9勝、防御率1.49で投手二冠

今年も10勝を挙げ二年連続のウエスタン最多勝。

しかし一軍では

2016年、2017年と共に1勝どまり。

2011年には7勝、2012年には8勝と先発ローテーション入りしていたが

ここ5年間で一軍登板数は僅かに16試合。

同じようにウエスタンで活躍も上で結果を出せなかった

岩嵜、嘉弥真が今年主力として結果を出しただけに

他球団に移籍させてチャンスを与えれば…

と常日頃思っていたところに戦力外通告。

そして東京ヤクルトスワローズへの移籍が決まった。

ヤクルトファンのブログや書き込みをいくつかチェックしたが

概ねウエルカムモードのようですね。

・無償トレードなんてありがたい

・タダでこんないい選手くれるなんてソフトバンクの戦力ハンパない

なぁんて声も出てましたね。

トレードにすると、相手もそれ相応の選手を出さなくては行けなくなり

それによって破談になるケースもあり、

今年のソフトバンクの大隣、山田の自由契約は

非情のように見えるが選手のことを考えた

そして球団内の新陳代謝を良くするいい決断だと思っている。


さて

ホークスからスワローズの移籍といえば

2014年シーズン途中の

川島・日高⇔新垣・山中のトレードが記憶に新しい。

この時も

・新垣出して勿体ない

・なんで新垣を

とマイナスなコメントを多く見たが

結果的には

川島 ソフトバンクの戦力として活躍

山中 ソフトバンクで2年で0勝からヤクルトで4年で14勝

と2人が期待以上の活躍をしてくれた。


さらにさかのぼると

1995年オフ当時のダイエーからヤクルトにトレードされた田畑は

ダイエーで4年間2勝だったのにもかかわらず

移籍1年目の96年に12勝、97年は15勝とエース級の活躍を見せた。


なのでホークスファンとしては、ヤクルト移籍の投手は活躍する、

というイメージが強い。


新垣は・・・は、省略する(笑)。


左腕不足が嘆かれたソフトバンクだったが、

ここ1.2年で若い左腕が増えてきた。

残念だが、今のチーム構成ではチャンスもどんどん減る流れだっただけに

山田にとって今回の移籍はチャンスになるはず。

そして何チームか移籍報道が出ていたが

一番良いチームに選んでもらったと思う。


来季はヤクルトで先発ローテ入り、

そして8勝以上挙げてカムバック賞を目指そう。


さ、次は、大隣の移籍先が決まるのを待つとしよう。










毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000