斐紹と細川と楽天捕手

昨年は戦力外になった細川が楽天に移籍

そして今年はトレードで斐紹がこれまた楽天へ。

2年間でソフトバンクの2人の捕手が

楽天へ移籍したことになる。

「細川を出すなんて」

「斐紹は、活躍できるのにもったいない」

という声もあったが

どんなに資金が豊富な球団でも

一試合に出られる捕手は一人で

一軍ベンチ入りも3人が基本となると

いい選手、使えそうな選手を

抱えてるだけでは宝の持ち腐れになってしまう。

シビアに考えて

昨年細川を放出したから甲斐にチャンスが出たわけだし

来季、栗原や九鬼に期待値があるから

斐紹に次のチャンスを与えた。


2014年にトレードされた

川島と山中がいずれもトレード後に成績を上げたように、

来季西田も斐紹も活躍することで今回のトレードが良かったと

来年以降いわれるようになればいいな。


さて楽天の来季である。

嶋という絶対的女房がいて

昨年の出場数は

足立49試合

下妻8試合

細川は20試合。

ポスト嶋は足立なのだろうが

そこに斐紹がどう割って入るのか。

甲斐の活躍に押し出されたドラ1のプライドに期待したい。



毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000