ソフトバンクドラ1吉住投手の栄光への道

外れ外れ外れ1位なんて言われ方をされてしまうが

何回外そうが1位は1位。

5年後10年後になれば

競合指名も外れ1位も

その年に12人しかいない

ドラフト1位指名選手。


てなわけで、ソフトバンクの

ドラフト1位指名となった吉住晴斗投手です。


11月26日に入団発表。

契約金8000万円年俸800万円で

プロのスタートラインに立ちました。


記者会見では、

言わされた部分もあるでしょうが

日本ハム清宮、ロッテ安田への対抗心があるとコメントしたそうです。


高卒ルーキーでもバンバン一軍で起用するチームもあるが

ソフトバンクは育成重視。

社会人組以外はルーキーはまず三軍。


逆に言えば実戦の数は相当踏めるのがソフトバンクの良いところ。

清宮や安田との対決は2年後3年後で十分です。


昨年ドラフト2位の高卒・古谷投手は

今年三軍で15試合に登板し6勝2敗防御率1.67

二軍では11試合1勝2敗4.09

一軍登板は、無し。

この数字からも現在の自分のポジション、

そして上に上がるために必要な課題が見えたと思う。

14年高卒ドラ1の松本は2年目の16年一軍デビュー、

3年目の今年は先発デビューも果たし2勝。

15年高卒ドラ1の高橋も2年目の今季一軍デビュー。


高卒選手のチームの起用法が実にわかりやすい。


18年は

松本がフルシーズン一軍で活躍し

高橋が先発デビューを果たし

古谷が一軍デビューを果たす


この3人の活躍を見ながら吉住が上を目指す。


理想的な流れだ。



毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000