實松が日本ハム復帰、マジか?じゃあ鶴岡は??

今朝の日刊スポーツを見て驚いた。

巨人を戦力外になった實松が

日本ハムにコーチ兼任で復活するというのだ。

實松は98年日本ハムドラフト1位のいわゆる松坂世代。

日本ハムの正捕手時代もあったが

レギュラーに定着することなく

2006年に巨人へトレード。

第2、第3の捕手としてチームを支えていたが今季オフに戦力外。

正直このまま引退するんじゃないかなと思っていたので

日本ハム復帰には驚いた。

記事によるとコーチ兼任とのこと。

考えてみれば日本ハムでは

中嶋聡が2007年38歳の時からコーチ兼任となり

引退する46歳までコーチ兼任としてプレーしていた。

プレーといっても最後の4年間は

2012年3試合

2013年2試合

2014年1試合

2015年2試合

戦力というよりは後進を育てる立場での兼任コーチで

ベンチに入っていても一軍登録されていない時期がほとんど。

(なぜかユニフォームを着てなかったんだよな、ほかのコーチは着てるのに)。

なので實松にも日本ハムOBであり巨人での11年間のキャリアを期待しての

コーチ兼任選手なのだろう…と

ここで問題が鶴岡である。

一部報道ではFA宣言した鶴岡を

日本ハムが狙っているという記事も見かけたが

實松36歳

鶴岡36歳

※早生まれで實松が学年は一個上

實松が入団となれば、鶴岡の入団は厳しくなりそう。

まぁ、

實松 トレード 球団が手放した

鶴岡 FA    自分で出ていった

なのだから

球団の心証としては鶴岡より實松と考えるのも不思議じゃない。

年俸も違うしね。

大野の動向によって鶴岡日本ハムと思っていたが

それもなくなりそうだな。


しかし松坂、村田と松坂世代の大物の再就職先はまだ決まっていないのに

實松が先に決まるとは、正直意外だった。


毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000