ソフトバンク二軍2018シーズンを見る(1)投手成績

今季は阪神に優勝を譲り、二年連続のウエスタンV逃となった

福岡ソフトバンクホークスの二軍。


ウエスタンリーグでプレーしたホークス二軍選手の個人成績をチェックします。

まずは投手編。


【勝利数】

大竹 8

笠谷 7

高橋礼5

古谷 5


【防御率】※30回以上

高橋礼 1.21

川原  1.75

大竹  1.87


【セーブ】

寺原 7

川原 5

二保 4

五十嵐4


【三振】

笠原 53

高橋純49

高橋礼48

笠谷 48

伊藤 48


新人王争いに入ったりは無いので他球団と比べると目立たないが、

ルーキーは育成という方針が強いホークスにあって、

今年はルーキーの当たり年だったと言えるでしょう。


勝利数No.1の大竹は7月末ぎりぎりで支配下を勝ち取り先発で3勝。

高橋礼はCSでも先発、侍ジャパンにも選出され存在感をアピールした。

数字でアピールできたのは川原。

キャンプ時期には支配下復帰もなんて報道されていたが結局叶わず来期も育成スタートだが、

左投手は何枚いても足りない。

再びチャンスが訪れることを期待したい。

毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000