2016年ドラフト高卒トリオ(2)九鬼隆平

2016年のドラフト会議でホークスが1位指名したのは田中正義。 

5球団の競合の中、工藤監督がくじを引き当てたのがこの年のドラフトのハイライトであるが、 

2位以下は4位までの3選手を指名。
 

指名選手がいずれも高卒と、「育成」に力を入れているホークスらしいドラフトだった。 

この年のドラフト2位3位4位だった高卒ルーキーも

今年で3年目を迎える。


3位九鬼隆平

甲子園で活躍し、U18でも首相として活躍した九鬼隆平。

入団時点ではホークスの正捕手は

高谷、鶴岡といったベテランが中心で

山下が伸び悩み14年入団の栗原がこれからの予感。


この時点では、栗原、そして九鬼が3-4年後の正捕手候補なのかなと見ていたが、

甲斐さんごめんなさいで大ブレイク。


その結果、鶴岡が去り山下も去り、

ホークス捕手事情も一気に変わってきた。

2017年の九鬼は三軍で主軸を張り、二軍戦も出場。

フレッシュオールスターにNPBウエスタン選抜とさまざまな舞台を踏み

2018年は一軍入りも視野に・・・と思った矢先のケガ。


ケガ人続出で急きょ堀内を支配下登録させ、市川を日本ハムからトレードで獲得。

もしもケガをしていなければ、春の一軍デビューもあったかもしれない。

2018年の二軍出場はルーキーイヤーの21試合よりも少ない15試合。

三軍では打率3割超えと結果を出したものの、二年目は納得のいくシーズンとは言えなかったでしょう。

三年目の今季は、シーズン通してケガをしない体つくり。

そして甲斐、栗原とは異なるアピールポイントの確立でしょう。


打撃を生かすための野手コンバートも視野に入れながら、2019年は九鬼にとって大事な一年となるでしょう






毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000