2016年高卒ドラフトトリオ(3)三森大貴

2016年のドラフト会議でホークスが1位指名したのは田中正義。 

5球団の競合の中、工藤監督がくじを引き当てたのがこの年のドラフトのハイライトであるが、

2位以下は4位までの3選手を指名。 

指名選手がいずれも高卒と、「育成」に力を入れているホークスらしいドラフトだった。

この年のドラフト2位3位4位だった高卒ルーキーも

今年で3年目を迎える。


4位 三森大貴

大型内野手として期待されて2年。

ファームでの成績は

2017年が27試合、45打数13安打、打率.289

2018年は50試合、170打数46安打、打率.271、ウエスタン初本塁打も記録した。

昨年三軍では40試合、113打数25安打、打率.310、4本塁打。

大きいのを打てることも証明できた一年だった。

同タイプの茶谷がチームを去った中、

若手内野手のライバルたちと、どう差別化してアピールできるかがカギを握りそう。


セカンド、サード、ショート

現時点では

レギュラー 牧原、松田、今宮

リザーブ  明石、川島、西田、高田

が有力

ここに美間、それからグラシアルもここか。


若手では

川瀬、あとは2年目の周東。

こうやって見るとライバルが多いな。

まずは打力アピールで

塚田、江川よりも上で使いたいと思わせる方が一軍の近道かな?


毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000