背番号100番台のソフトバンク選手たち(1)東方伸友

12球団では、もっともはやく三軍制を確立させている福岡ソフトバンクホークス。

けが人続出で二軍の試合が組めないと、スタッフが緊急登録される他チームを尻目に

二軍、三軍と連日試合が組まれ、高卒入団したての選手も

実戦で成長できる環境が、次々育成から一軍へと選手を送りだせる要因となっている。

とはいっても、育成入団選手が全員その後一軍に上がるわけではない。

千賀、甲斐、牧原と3人の一軍選手を出した2010年の育成組で言うと、

その年の育成1位の安田は4年間で支配下登録ならず戦力外通告。

2位の中原も安田同様4年で戦力外。

3位の伊藤は7シーズン目に入ったがいまだに育成契約。

6人中3人が一軍と打率的には高いが、全員が支配下登録されることはない。

育成は3年契約で、4年目からは単年契約となる。

3年目以上の育成選手にとっては、支配下を勝ち取れなければ来季以降の契約は苦しくなる。

2013年育成組を見てみると

1位石川

2位東方

3位曽根

4位張本

石川は昨年支配下登録を勝ち取り、今季一軍で活躍中。

3位の曽根は今春支配下登録され、一軍の試合にも出場した。

昨年シーズン途中支配下登録された張本は、まだ一軍実績はない。

4人のうち唯一支配下登録までたどり着いていないのが

東方伸友である。

1995年9月17日生まれの21歳。

浜田商業高校卒業後、育成2位でソフトバンクに入団。

1年目シーズンオフにトミー・ジョン手術を受け15.16年は登板機会なし。

今季は三軍で4試合に登板し4イニング2失点。

191センチの長身で速球とスライダーが武器と注目されていた右腕。

今オフの動向が注目される。










毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000