6連覇ならずのソフトバンク二軍

ウエスタンリーグで毎年圧倒的な強さを誇っていたソフトバンクホークスが

今年は苦戦。

勝率5割を切り、なんとまぁ最下位争い。

二軍は育成の場であり、順位なんてどうでもいいという見方もあるが

それにしても今年は負け過ぎだ。

まぁ理由としては

去年主力だった若手(上林ら)が一軍に上がり

投手陣もローテで投げ続けたのはベテランばかり、

上から落ちてきた選手と

まだ上を狙うまでいっていない若手。

そこらへんが中心で

勝つというよりは、調整だったり育成だったり。

その結果がこの順位。

とみていいかな。

一軍主力が上位打線をしめることの多かった今年のソフトバンク二軍。

城所、本多、江川、長谷川、塚田、ジェンセン

6番までこの6人が並んでどうなるの・・・なんて日もあったが

そのうち本多、江川、塚田の3人はCSを視野に入れ一軍にいて、

下位打線にいた曽根や真砂も一軍でスタメンのチャンスを与えられた。

今年の二軍は、来期以降の戦力を見極めるためのシーズンだったのかなと思う。

毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000