クライマックスシリーズの投手ローテーション

内川が一軍に復帰。

柳田はCSへ向け調整中。

不安要素は多いが、打撃陣は

CS、日本シリーズへ標準を合わせ、徐々に調子を上げている。

その反面、投手陣は、優勝決定後どんどん下り坂。

ローテをずらしたり休養期間を増やしたりと考慮はあるが、

肩が重すぎても軽すぎても本来のピッチングができなくなるのが投手の難しいところ。

ここから3週間でどこまでベストにもっていくか。

まぁそこは選手、首脳陣を信頼して待っております。


で、クライマックスシリーズ。

これは同一チームと6連戦という通常のシーズンではありえない連戦が行われる。

もちろんソフトバンクが3連勝してしまえば、4.5.6のことは心配不要となるわけだが

それでも5枚ないしは6枚の先発を用意する必要がある。

この6連戦どのようなラインナップで攻めるのか。


ちなみに今年のソフトバンク

区切りごとの開幕投手を見てみると


オープン戦 松坂

シーズン  和田

交流戦   東浜

後半戦   東浜


オープン戦松坂だったんだなぁ・・・。


やはり信頼という意味では今季チーム勝ち頭の東浜と登板数は少ないが負けてない和田。

この2枚の並べ方。

それに千賀とバンデンハーク。

5番手がどうやら武田らしいから


1 東浜

2 バンデンハーク

3 千賀

4 和田

5 武田


この並びがいいんじゃないかな。

開幕投手の東浜は文句なし。

で、初戦負けた場合、プレッシャーの強いバンデンハーク。

連勝できた場合は胴上げ投手になる千賀を3番手で

4戦までもつれ込むとなれば接戦なので流れをもってくるために和田。

相手はCSファーストステージを勝ち上がってやってくるので

ファーストステージの開幕投手は、ローテ的に3.4戦に流れ込む可能性が高い。

なのでエース対決、投手戦は千賀や和田におまかせと。

この流れがいいかなと思っているのですが、どうですかね?

ご意見あればコメント欄に。


毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000