明石FAせず残留、俺が明石だったら・・・

フリーエージェントは選手にとって、

自分を高く売る絶好のチャンスであるが、

移籍によって出番が減り選手寿命が短くなった選手も多く、

そこが、ザ・駆け引きなのだ。


FAで海外移籍した選手で言うと

井口、岩本、福留なんかはそれなりに結果を残し日本に復帰したが

中島と田中とかは、ずっと日本に居といた方がよかったのではの成績、


国内でも

一昨年の木村事件で、準レギュラークラスや

他球団の話を聞いてみたいレベルの選手が動きにくくなってきている。


一般社会でも

「うちに来たら、ボーナス倍は出すよ」

「すぐ部長に昇進させてやる」

と甘い言葉で引き抜かれ

入ってみたら

「思ってたのとちがーう」

はよくあること。


今年のFA事情で言うと

よく言うとオールマイティ

悪く言うと便利屋


そんな立場でチームに必要不可欠

そしてファンにも愛されている

阪神の大和

ソフトバンクの明石が

FA権を獲得。


内野も外野も守れる両選手には

さまざまな球団がアクションを起こすと予想されていた。


そんななか

大和はFA宣言。

オリックスとDeNAが獲得表明をしているという。


日本シリーズでソフトバンクを苦しめたDeNA

来季に向けて内野と外野が1枚増えれば強くなるよなと感じていた。

外野の一枚は細川の成長に期待するとして、

内野の一枚に大和がはまれば、もっと強くなりそうだ。


そして明石。

宣言すればロッテが・・・なんて報道も出てたが

結局FA権を行使せず残留を表明。

「強いチームでやりたい」

が理由だそうだが、

心の中では大きく迷っていたと思う。

1塁も2塁も3塁もショートも外野も守れる明石。

それだけに器用貧乏、便利屋になる恐れが強く、

首脳陣としては使い勝手のいい選手。


特に印象的だったのは2012年。

川崎宗則の抜けたショート争いで

今宮健太に勝ち、開幕スタメンショートを獲得。

ところがセカンドの本多が怪我で戦列を離れたため

明石がセカンドに入り、その代わりに今宮がショートへ。

本多が復活して明石が再びショートに戻ったが

今度は松田が怪我をして明石がサードを守りまたまた今宮がショートに。

試合の後半ではファーストに入ることも多く、

なぁんてことを続けていくうちに

気づいたら

セカンド本多サード松田ショート今宮が確立し

明石は控えに。


過去の守備別の出場機会数は

一塁 343試合

二塁 189試合

三塁 87試合

遊撃 73試合

外野 73試合

どこでも守れるのさ。


ほかのチームならレギュラーなのに

の声が多く聞かれ

FA宣言をするのではとも思われたが

結局はソフトバンク残留を選択した。


もし俺が明石なら…

そんなことないんだけど、

あり得ないんだけど…

俺が明石なら

他球団の話聞いてみたいな。

でも・・・

大和が抜ける阪神

何でも欲しがる巨人

では、引き続き便利屋になるのがオチという気が。

ロッテが本気で獲得目指す気ならありかもなぁ…。

まぁ、俺は明石じゃないし

本物の明石は残留を決めたし、

来季も戦力として活躍を期待します。









毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000