上林と甲斐の地図

昨年U-23でソフトバンクの真砂が大活躍。

日本が優勝しMVPに選出された。

ニューフェイスのブレイクに

外野のレギュラーに真砂が入るのでは?

と報道するメディアも多かったが

キャンプ、オープン戦を駆け抜け、

一軍ベンチ入り、

そしてライトのレギュラーを奪ったのは

一才下の上林だった。


2010年ドラフト1位。

ポスト城島の期待を一身に受け

ソフトバンクホークスに入団した山下斐紹。

毎年今年こそ今年こそと期待されながら

なかなか正捕手の座を奪えずにいた中、

同期入団の育成出身・甲斐が正捕手の座を奪い

守備のベストナインであるゴールデングラブ賞も獲得。

そして斐紹は今オフ、楽天へとトレードされた。


あの時こうなっていたら

もしこれとこれが逆だったら


勝負事

人生


いろんな出会いやきっかけがある。


我々の生きる世界には

タイムマシーンがないらしいので

一度起こった出来事は過去には戻れない。


もっと練習しておけば

あの時無理をせず休んでいれば


成功しなかった野球選手がよく口にする言葉。


指導者やチーム環境で

うまくいく人、その逆の人もいる。


昨日のトライアウト参加選手だって

全員がその年のそのエリアの代表選手としてプロ野球選手になれた選手。

全員チームの主軸として活躍したり

WBCに出場したりメジャーリーグに行けた可能性があったわけだ。


たまたまですよ。

運がよかった。


うまくいった人ほど

それを自慢せず謙虚な姿勢を見せる。


でも

たまたまや

運をつかむのも

才能だ。


昨年の今頃、侍ジャパンなんて遠い遠い先だった

上林と甲斐が今日からJARANのユニフォームを着て

アジアチャンピオンを目指す。


思いっきり爪痕を残して

「やっぱりソフトバンクの選手はスゲーな」

と思わせるアピールをしてほしい。


毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000