大隣憲司の着地点

今季ソフトバンクを自由契約になった大隣憲司。

新たな活動場所を求めたトライアウトでは

最速141キロを記録。

打者4人に対し2三振と大きなアピールを見せた。

2016年希望枠で入団し、

2008年には11勝。

大病を患った後、

秋山監督ラストイヤーとなった2014年には、

勝ったら優勝の最終戦で先発。

CS、そして日本シリーズでも好投し

日本一に貢献したのは記憶に新しい。

しかし2016年2017年ともに一軍での登板は1試合のみ。

ファンの間では去年も今年も

大隣を何で一軍に上げないんだ!

の声も多く出たが、

ファームの成績は

2016年 22試合9勝4敗 2.52

2017年 22試合6勝4敗 5.20

この数字だけで評価するのは酷だが、明らかに成績は落ちている。

トライアウトでは格の違いを見せた大隣だが

先発タイプなので、短いイニングだけでは評価できないという声も。


ソフトバンクの功労者であり、引退してそのまま指導者やスタッフになるのかなと

思っていたが、本人は現役続行を希望。


こればっかりは

他人がどうこうではなく、決めるのは自分。

「まだやれる」

と言われても、自分で限界が見えれば止めるし、

「もう止めたら」

と言われても、しがみつきたいひとは、何としても野球を続ける。


頑張ってほしいが、トライアウト開始前にヤクルトから

誘われた山田と違い、大隣にはまだ朗報は届いていない。





毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の48歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000