もしも浅村か西を獲得していたら、ホークスは人的保障にだれを取られていたのか?

西武炭谷をFAで獲得した巨人が人的保障によって、

内海が西武に移籍。

これはかなり衝撃的なニュースである。

第2期原政権時代のエース格で、

全盛期を過ぎたとはいえ今季も5勝。

生え抜き、自由獲得枠(今でいうドラ1)の36歳が・・・である。


これって

炭谷-内海プラス金銭

でのトレードになったわけで、巨人側からしたらとんでもない損失ではと感じてしまう。


それから西を獲得した阪神は、人的保障で竹安がオリックスへ移籍。

今季金本監督の最終戦で先発。

順位が決まったチームの最終戦先発は来季を見据えた起用が多く、

来季の先発候補の一人だったはずの竹安の移籍。

こちらも阪神としては痛い結果だろう。


この人的保障。

新人、外国人を除く選手で28人をプロテクト。

それ以外の選手から選べるってわけで、

選手層が厚いチームや

若手が伸び盛りのチームは絶対的に不利。


阪神も巨人も今季二軍が優勝しているわけで

来季以降の活躍を期待したい若者をプロテクトしたい、

でも若手を残し過ぎると主力やベテランに手が回らない・・・のジレンマが。


その結果、若手で残しそびれた竹安を阪神が

若手重視(にしたのか?)でベテランを外した結果が内海を巨人が

人的保障で手放すことになってしまった。


さて・・・


今季ホークスもFA戦線に参戦していた。


浅村も西も獲得することができなかったが、

もしもかくとくしていたら、当然ながら人的保障で1名または2名手放すことになっていたはずだ。


誰だったのかな???なんて勝手にプロテクト予想してみた。


〇絶対プロテクト

△人数によっては

×まぁプロテクトされないわな


と印付けてったのだが、

なんと38人が〇


てことはこの中からも10名外さなくてはいけない。


こりゃFAで選手を得るメリット以上にきついよなぁ。


西武のように経験を求めた場合、

中田や長谷川、江川や明石(ひょっとしたら和田)

オリックスのように若手を求めたら

古谷や谷川原、釜元や真砂あたりも求められていたかも?


私が今季オフにFA選手は、いらないと書いたのはこれも理由の一つ。


28名という中途半端な人数のプロテクトでは選手を守れない。


だったら大物を獲らず、

今年でいうと西田や美間のようにトレードで戦力補強をした方がいいと思う。













毎日ソフトバンクホークス~北のホークスファン~

北海道生まれ北海道育ちのホークスファン歴40年。 ホークスが好きすぎて、1999年仕事退職後、2ヶ月福岡に滞在し、王ホークスの胴上げを福岡ドームで見る。現在札幌で広告代理店を運営。雑誌、ラジオ番組などにホークスファンとしての執筆、出演も。 【ホークス関連の主なメディア歴】 ・野球太郎・スポーツノッチェ・別冊宝島・ホークス歌の応援団(RKB毎日)・カムズ北見・アルバイト十勝他

溝手孝司

札幌在住の49歳。
劇団⇒ラジオパーソナリティ⇒タウン誌ライター⇒放送作家⇒フリーペーパー編集長などを経て2011年、広告代理店(株)ユータスネットを創設。
創設と書いたらなんかカッコいいが、社員ゼロ、一人社長の札幌一小さい広告代理店です。

【主な仕事】
★WEB 
・制作・ライター・ブログ、SNSライティングサポート
★放送
・ラジオ放送原稿
★イベント
・企画運営・MC・タレント派遣・落語会運営、運営サポート・制作、コーディネート
★広告
・パンフレット、フライヤー・名刺、ポイントカード
★アフィリ

0コメント

  • 1000 / 1000